湯河原惣湯「惣湯テラス」(2021-09-27)

8月末にオープンした「惣湯テラス」に、若手社員たちを連れて行ってみました。

閑かな森の中にひっそりと佇む湯河原惣湯「惣湯テラス」、新しい建物なのですが、景観に馴染んだ趣があります。

「湯河原惣湯」は「玄関テラス」と「惣湯テラス」があります。
湯河原は昔から多くの文人墨客たちに愛されました。
それを意識してでしょうか、どちらも「Books and Retreat」、「本」をテーマにしています。
「惣湯テラス」にもライブラリーがあり、湯河原に因んだ書籍を始め、料理や人気作家の本など手軽に読みたくなるものが並んでいて、建物の中や屋外でも読むことができます。

「惣湯テラス」は日帰りの入浴施設です。
近頃は、日帰り温泉も個性的になってきて、こちらはどちらかというと高級感のある、落ち着いた雰囲気のリトリート施設です。
ですから、温泉と読書が結び付くのでしょう。
千歳川のせせらぎが聞こえるのみで、時間を忘れて温泉と読書に没頭できそうです。

黒を基調としたモダンな館内、館内着も黒など、派手な色は目に入りません。
貸切風呂(空いていれば入れます)や貸切の休憩室(要予約)もあります。
木々の緑を眺めながらお食事もいただけます。
「お食事のみ」は不可ですが、曜日と時間帯によっては「お食事なし」も選べます。

「玄関テラス」から「惣湯テラス」までの千歳川沿いの遊歩道「川の道」の途中にも、腰掛けて読書ができるようなテラスが複数あります。
湯河原の新しい過ごし方をお楽しみください。


<< 2021 / 12 >>
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去のブログはこちら